上方遊歩人のクラシックシネマ考

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK核武装討論のオソマツ

<<   作成日時 : 2009/08/16 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

昨晩,NHKで核兵器について市民参加の討論番組があった。

3時間超のオンエアのうち,最後の方の討論会だけ何となく見た。


日本の核武装について,賛成派と反対派に分かれての討論だった。

賛成派はいわゆる「戦争を知らない世代」。

反対派にはヒロシマ・ナガサキの被爆者の方もいらっしゃった。

北朝鮮の挑発行為が激化して以来,それまでタブーだった核武装論議がにわかに俎上にのるようになった。

一般に国民的議論がなされるのは良いことだが,昨日の討論はちょっとどうかと思った。


*************************

伝統的な平和主義を掲げ,情意主導の反戦論で迫る反対派に対し,

正直,賛成派の主張は論旨が浅く,分が悪い印象だった。

北朝鮮のような無法国家相手に,核武装による「抑止」を唱えたり・・

「自分たちの国は自分たちで守るべきだ」ばかりでは,あまりに単純すぎる。


しかも,現実の被爆者の方に,

「長崎に来て,被爆者の前で核武装を主張してみなさい!」

なんて迫られては,まともな日本人なら平静ではいられまい。


核武装派の面々は,一般的な国民感情に対峙する不利をヒシヒシと感じていたに違いない。

それが表情や態度に表れ,ふてぶてしく強硬な印象ばかり残した。 


パワーバランスによる抑止だなんていっても・・

要は「核兵器を持って相手を恫喝しよう」という話だから,

どの人も,分からず屋の軍国主義者のように見えてしまう。

テレビは怖いなと思った。


************************

核武装賛成派の一人から,

「ヒロシマ・ナガサキ以降,核兵器はまったく使用されていないでしょう!」

だから核抑止は効果的だ,なんて意見が出た。


この64年間に限っては,それは事実かもしれないが・・

その理由は,まだヒロシマ・ナガサキの記憶が引き継がれているからだし・・

キューバ危機のような,今思うとゾッとする一触即発の事態を切り抜け,

国際社会が核軍縮へと向かってきた経緯を,まず理解せねばならない。


***************************

さすがに識者・専門家筋は慎重で・・

今は日米同盟と「核の傘」を堅持すべきだという論調が目立った。

現実問題として,「日本の核兵器開発は不可能」であることは,彼らの間では常識なのだろう。

「不可能」というのは,もちろん技術力の問題ではない。


賛成派は,「北朝鮮は核実験をしたから経済制裁を受けているが,核を持っただけでは何も起きなかった」

だから日本が核開発をしても大丈夫だと主張した。


そんな単純な話であるはずがない。

核実験をしないで核兵器を開発するという発想自体,まず現実的でないが・・

グローバル経済の恩恵によって生きている日本は,ある面,北朝鮮とは比べようもないほど脆弱と言えるのだ。


****************************

日本が核武装するには,まず,核拡散防止条約(NPT)を脱退する必要がある。

NPTを堅持しようとする欧米諸国は,日本の核武装にはこぞって反対するに違いないからだ。

日本が脱退すれば,中国,韓国,台湾など東アジア諸国もNPTを破棄し・・

日本を仮想敵国として,対抗措置を取り始めるだろう。


そうして核の拡散が始まると,テロリストたちに渡るのは時間の問題だ。

玉砕型テロリスト相手に,「抑止力」もクソもないことは,9.11同時多発テロで思い知らされている。

そんなリスクは何としても避けなければならない。

だから,アメリカはじめ欧州,中国などは,容赦なく日本包囲網を敷くだろう。


ウランなど原子燃料を輸入に頼る日本は,それらを止められ・・

核開発どころか発電すら満足にできなくなり,国民生活や産業に大打撃を受ける。

さらに関係がこじれると,石油や食糧まで止められ,日本社会は壊滅状態になるかもしれない。


以上が,今,予測されるシナリオだ。


要は,核兵器を持つか持たないか,などという議論ではない。

今のまま「核の傘」を信じてジッとしているのか,

非核三原則を諦め,米軍の核兵器の国内配備を認めて「抑止力」を強化するか,

ぐらいの選択肢しか現実にはないのだ。


最後に私個人の思いを込めて,付け加えるなら・・

今,世界の大国のうちで,胸を張って核廃絶を説く資格があるのは日本だけだ。

その資格を自ら捨てるのだけは,止めてほしいものだ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
【核廃絶を説く資格をもつ日本】
こんばんわ。私も後半の部分は視ていました。全くあなたの言うとおりだと思います。核廃絶を訴える力=平和を説く力ではないでしょうか。現状は核廃絶は非現実的であり、アメリカの傘下でいくしかないでしょう。その中で、非核三原則を守り抜き世界に平和を訴え続けていくことが大切なのだと思います。
NHKのあの討論形式の番組は我々自身の自分の考え方や意識を再認識できる程度で、いつも終わってみればなにも残らないといった感じですね。それよりも、一般の出演者が激情して事故が起こるのではないかとハラハラして視てます。
HIMAWARI
2009/08/17 22:29
HIMAWARI様
どうもこんばんは。こういう記事は誤解されやすいので,上げるのに勇気がいりますが,私の「気持ち」をくんだコメントをいただけてありがたかったです。
NHKの素人参加の討論会は,おっしゃるとおり,得るものが少ないですね。相手を屈服させることばかりに躍起になって,感情的で短絡した発言が多くなってしまう印象があります。
武装反対派の人たちは,ストレートに理想論を唱えすぎますが,本来,理想論の方が正しいのだし,武装賛成派の方は「必要悪」を説くわけですから,気持ちの面で支持を得にくいでしょうね。
私個人は,たとえ困難でも,核廃絶を訴え続ける姿勢を失わないことが大切ではないかと思います。
遊歩人
2009/08/18 01:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK核武装討論のオソマツ 上方遊歩人のクラシックシネマ考/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる