上方遊歩人のクラシックシネマ考

アクセスカウンタ

zoom RSS 春は選りすぐりの映画特集から!

<<   作成日時 : 2009/03/29 21:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

じつはここ1か月ほど映画を観ていない。

私が言う「映画を観る」とは,映画館に行ってスクリーンで観ることを指す。

どうやら,3月は1本も観ないで終わりそうだ。


*******************

東京にいる頃は,土・日で5本ということも普通にあったのに・・

関西では,私が好んで観るようなクラシック映画の上映が少ないということはある。

また,昔とちがって,公私に渡る忙しさが身にしみるようにもなった。


それにしても・・

「2〜3週間ぶり」ぐらいはこれまでからあったが,1か月以上とは。

身体を壊したりした時を除けば,こういうことは珍しい。


この間,中国映画の特集なんかやっていたが,

どうも彼の国の映画は私にとって空白地帯。

映画史的体系も,監督・俳優もよく知らないので,食指がのびないのだ。


*******************

4月に入ると,九条のシネ・ヌーヴォで「フランス映画の秘宝」という特集上映がある。(期間:4月11日〜19日)

ところが,来るのはわずか5本しかない。

関西はハンデが大きい。東京なら20〜30本は平気でかかるだろうに・・


しかし,よくよくラインナップを見て,思わず“オオッ!”と驚いた。

なかに,ジャック・ベッケルとロベール・ブレッソンの長編処女作が含まれているのだ。

加えて,あのサシャ・ギトリの戦前の作品が1本入っている。

ギトリの映画なんて,日本公開されたのはわずかしかないはず・・

私はまだ1本も観たことがない。

こんなのどこに隠していたんだ?と言いたくなる垂涎のラインナップだ。


限られた貸出し本数のなかで,苦心して選りすぐられたことがよくわかる。

主催・共催の方々の尽力に感謝しなければなるまい。


よし!これで私の春の映画復帰は決まった!!

シネ・ヌーヴォ「フランス映画の秘宝」公式ページ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春は選りすぐりの映画特集から! 上方遊歩人のクラシックシネマ考/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる