上方遊歩人のクラシックシネマ考

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界で最も美しい人???

<<   作成日時 : 2009/02/28 22:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今,ジャック・ドゥミの代表作『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』の2本が,各地でリバイバル・ロードショー中だ。

もう40年以上も前のフランス映画だが,なぜか日本でデジタルリマスターされて甦ったらしい。

特に『シェルブール・・』のほうは,従来のミュージカル映画のパターンを打ち破ったある種,画期的な作品だった。


*************************

ところで,今回の興行のキャッチフレーズが何ともいえない・・

“世界で一番美しい人、ドヌーブ!!”

うむむむ,そう来たか・・


たしかに,カトリーヌ・ドヌーブって,私が子どもの頃は「世界一の美女」とか呼ばれていたっけ。

その時分から,子ども心にも違和感タップリだったが,何十年たっても,やっぱり同様に妙な感じだ。

確かに美女には違いないが,そんなにか?


それを言うなら,『ロシュフォール・・』で,ドルレアック・ドヌーブ姉妹の母親役をやったダニエル・ダリューの若い頃のほうがはるかに奇麗だった。(マニアック杉?)


ドヌーブは,『シェルブール・・』は良かったが,特に初期作品では,どこか神経質そうでギスギスした感じで,イマイチ色気もなかった。

美の基準というのは,時代により,国により,人によりぜんぜん違うから,独善的な決めつけはできないけれど・・

やはり時代性だったのかな・・


**************************

その時代・・ 60年代後半〜70年代初め頃,アメリカ映画はニューシネマの時代に入っており,ハリウッドから夢のような美女がいなくなっていたのだ。

何せ,フェイ・ダナウェイとか,バーバラ・ストライサンドとか,ミア・ファローにライザ・ミネリだもんねぇ。

キャサリン・ロスなんて野暮ったくてもまだマシな方で,極めつけはアリ・マックグローか・・ (ごめんなさい


その頃は,ヨーロッパの方に魅力的な女優が多くて,ドヌーブもハリウッド女優たちに比べれば,洗練されて奇麗ではあった。

でも同じフランスでも,ミレーヌ・ドモンジョなんかの方が可愛くて魅力があったし・・

ブリジット・バルドーは,もう妖艶な熟女だったが人気はあった。そして私の好きなアヌーク・エーメも健在だった。

イタリアには,ちょっと年かさだがソフィア・ローレンがいて,クラウディア・カルディナーレも良かった。

そういえば,イギリスにはジュリー・クリスティもいたっけ・・


**************************

しかし,こうやっていろいろ名前を挙げてみて気づくのは,恐らく,カトリーヌ・ドヌーブが女優としての実績ではトップではないかということ。

対抗としてバルドーやローレンもいるが,早くに主演作がなくなっている。

ドヌーブは未だ現役で,近年でも主演級だ。これはやはり認めざるを得ない。


しかし,上には上がいるもので,先述のダニエル・ダリューなんて,去年,日本公開された映画にまだ出ていたりする。

なにせ全盛期は1930年代・・ もう90歳になるはずだ。

いやはや,フランス映画は恐ろしい・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村  ブログランキングへ!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界で最も美しい人??? 上方遊歩人のクラシックシネマ考/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる