上方遊歩人のクラシックシネマ考

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年早々,何て話題?

<<   作成日時 : 2009/01/04 00:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

明けまして御目出当う御座居万寿! 

じつは,去年の正月は父の喪中でこれが書けなかったので,2年ぶりに書いたことになる。

この歳になると,親の世代が高齢化していることもあって,親類縁者の病気や不幸に遭遇する機会が多くなる。

今年1年,何事も起こらないことを祈りたい。(新年早々エンギデモナイ・・)


************************

年末年始は,例によって実家(といっても大阪府内)に帰っていた。

初詣は地元のお宮さんと有名神社の2か所,墓参りも2つの家で2か所・・ 特に何ということもなく過ごした。

ここ15年ほどはこんな感じだろうか・・ 


************************

いつの頃からか,親戚一同が会して年始挨拶集会のようなイベントがなくなった。

20年ほど前までは,母方の祖父が存命であったので,正月は,その祖父のいる叔父の家に,親類が集まるのが恒例行事だった。

私の親の世代(戦前生まれ)は兄弟が多かった。

うちの母も5人兄弟で,それぞれに連れ合いがいて,子供がいたから,一同に会すると,それなりの人数になった。

お年玉も激しく飛びかい,子供の頃は,正月の収穫はけっこうな金額になって嬉しかった。

中学生ごろからは,行くのが億劫だったけど,行ってみるとにぎやかで楽しかった。


************************

ところが,私たちの世代になると,一気に兄弟が少なくなった。

私には妹が一人いるだけで,じつは甥も姪もいない。

従兄弟の子供はけっこういるが,正月だからといって特に会う機会はない。

だから,私は親類の子にお年玉を渡すことが滅多にないのだ。

うら寂しいというのか・・ 正月の様相が昔とはあまりにも違うと感じる。 


************************

戦後,わずか一世代かそこらの間に,日本の家族は激変してしまったのだと思い知らされる。

私の世代は,ちょうどどちらの時代の家族像も垣間見ているので,そのギャップの激しさに,何だか妙な危機感を抱いてしまう。

日本の家族はどうなっていくのだろう? 

な〜んて

新年早々,盛り上がらない話題で恐縮 

ブログランキング・にほんブログ村へ  押してってくださいね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新年早々,何て話題? 上方遊歩人のクラシックシネマ考/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる